ハッピーメールで運営に報告してもアカウント停止しないのはなぜだろう?

出会い系サイトといえば、今はハッピーメールは大手で出会える系サイトして有名です。
ワクワクメールや PCMAX などのサイトと同様に多数のユーザ数を誇ります。

そんなハッピーメールですが、なぜか禁止行為をしてるユーザのアカウントが停止状態にならなかったりします。

例えば、

こんなメールが来たりしたので何度か運営に報告してるんですが、一度もアカウント停止になりません。
明らかにお金のやり取りを望んでいるメールを送ってきているのにです。

おかしいですよね?
禁止行為に売春が入っているのにです。

でも、アカウント停止になるタイプのものもあって、

  • Line アカウントをいきなり送ってきた
  • メールアドレスをいきなり聞いてきた

の場合はすぐにアカウント停止になっているようです。

多分、停止になるタイプは何人にもいっぱい送っていると考えられます。
そのため、複数の人から報告があった場合にのみアカウント停止にしてるのかもしれませんね。

最初の援助を申し込むタイプのメールに戻りますが、
デリヘル業者や個人がすぐに消されるのを防ぐために1人とか少人数で時間をかけてこういったことをやってる可能性がありそうです。

運営としても、少数の報告だけでは対応しないというポリシーなのかもしれないですね。
もしくは、相手に警告をして様子を伺っているのかもしれません。

もしそうだとしたら、そこを利用して巧妙に停止されないような行動をしてる人や業者がいるということでしょう。
現状、人が全部見ることは物理的に厳しくてできないので、自動的にできないとしたらしょうがない部分もあるかもしれませんね。

ちなみに
ハッピーメールを使った犯罪について ※リンク先がなくなった(2017/5/17)
弁護士にはこういった内容の相談があるようです。

お金のやり取りや売春・買春はいろいろ問題が絡んでくるのでやらないほうがいいですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする